TOP > 講演会・説明会への講師派遣

講演会・説明会への講師派遣

進路講演会・説明会への講師派遣についてのご案内

壺溪塾では、九州内の高校、大学、マスコミ、企業等からのご依頼をうけて、講演会の講師を派遣しています。壺溪塾には、塾長、学監をはじめ、多彩なテーマを、聴衆の心を掴む熱いメッセージに集約して述べうる講師が多数おります。これまでは、県内だけでなく、福岡、宮崎、鹿児島、大分などの県立・私立高校での教育講演、熊本市内の大学の理事会向け経営セミナー、熊日さわやか熟年講座の講師などを、年間平均すると50件ほど引き受けております。ご希望される場合は、直接、壺溪塾までご連絡ください(℡096-352-1442)。これまでの演題と担当講師の紹介をいたします。

講演会・説明会講師派遣についのお問い合わせはコチラ 096-352-1442
演題
  • 『「知」の世紀に生きる皆さんへ』
  • 『自己実現を目指して』
  • 『親は子どもに対して何ができるのか』
  • 『魅力ある教師とは』
  • 『合格へのステップ』
  • 『合格小論文を書こう』
  • 『現役で大学に合格する方法』
  • 『君の夢を実現するために』
  • 『公務員試験の勉強法』
  • 『熊本大学へ合格を決める!』
  • 『医療看護系の傾向と対策』
  • 『大学合格への心構えと戦略戦術』
  • 『商業系高校から経済、商学系大学へ扉を開く方法論』
  • 『社会科学系小論文の書き方について』
  • 『伝統と変革を共存させる組織論』

講師プロフィール

木庭 順子KOBA JUNKO
壺溪塾塾長

熊本放送報道部に9年間勤務。記者・レポーターとして、郵政局や農政局の記者クラブに所属し、ローカルワイドニュースの企画、取材、インタビュー、レポートなどに携わった。熊本放送退職後は、2児の母となり、1991年から壺溪塾に勤務。2004年に塾長となり、現在に至っている。報道部でのキャリアを活かし、小論文の分野でも活躍。講演資料として作成している『合格小論文作成法』は、インターネットでも全国に発信され、好評を博している。新聞やコラム、受験雑誌への執筆もこなす。講演内容は、進路や勉強法に関するものから保護者向けのテーマ、小論文、企業の組織論、熊大受験者への情報提供等多岐に亘っている。特に自らも大学生と高校生の娘を持つ母親であるところから、親の目線を活かしての講演が、保護者に好評だ。

岡畑 寛OKAHATA HIROSHI
壺溪塾理事 学監

県立高校校長を退職後、1996年から壺溪塾に勤務。1999年から2007年までの8年間は、熊本県の教育委員としても活躍し、そのうち4年間は、教育委員長を務めた。地方の教育行政に多大な貢献をしたとして、2007年には、地方教育行政功労者として文部科学大臣から表彰を受けている。幅広い視野に裏づけられた教育理念を元にしながらも、親しみやすく分かりやすい語りかけによる講演は、高校生だけでなく、学校関係者や保護者にも好評である。

後藤 和孝GOTO KAZUTAKA
壺溪塾理事・専任講師

九大法学部を卒業後、1983年から25年間、壺溪塾に専任講師として勤務している。壺溪塾卒業生でもある。大学受験科や公務員専攻科で、倫理・政経・現社の講義を受け持っている。旺文社の『私大蛍雪』『短大蛍雪』に連載された「心のリゲイン」は、今も加筆しながら、随時、塾生に提供され、毎年、「心が温まる」「元気が出た」「自分だけでなく、自宅で母もファンです」などという塾生の声が多く寄せられる。講演内容は多岐に亘り、公務員試験に打ち勝つためのノウハウや情報提供、自らの受験生時代を振り返った「後藤少年」が登場する進路指導に関する内容のもの、熊大ガイドブックの説明など、対象に合わせて自在に変化させ、縦横無尽だ。

古川 隆弘FURUKAWA TAKAHIRO
壺溪塾教務・医療看護系コース担任

壺溪塾で、医療看護系コースの担任を永年担当していることから、毎年、医療看護系ガイドブックの編集長を務めている。この冊子1冊あれば、大学の医学部看護系学科から、専門学校に至るまで、難易度や職種も様々な看護系の学校への受験のことは、何でもわかると好評を博している。非常に親しみやすい気さくな人柄と、研究熱心な熱いハートを併せ持ち、予備校経験も長いことから、医療看護系以外の大学受験情報にも精通しているのが魅力。

矢住 勝大YAZUMI KAZUHIRO
壺溪塾講師

壺溪塾で1年浪人し、誰もが無理だと思っていた阪大法学部と慶大法・経済・商学部、そして防大人文社会科学専攻科に合格。伸びて通ったという自負を持つ熱血講師だ。阪大法学部を卒業後、東京の証券会社の研究員を勤めたあと、壺溪塾の専任講師となる。受け持つ科目は、地理・現社・政経・地学・簿記・教育法規と多岐に亘る。大学受験科高卒生のための東大・京大文系コースの担任としても活躍中。壺溪塾にいながら、様々な資格試験にチャレンジし続けている。これまで、全国に400人程度しかいない国会議員政策秘書の試験に、トップレベルの成績で合格。その年は、東京の大物政治家から、秘書にならないかという誘いが相次いだが、壺溪で後輩の指導をするやりがいの方を選択して現在に至っている。また、日本経済学教育協会が主催する経済学検定(ERE)で、東大や早稲田大の競合を破り、壺溪塾チームを優勝に導き、自らも個人戦で優勝を3回、準優勝を2回経験。その話術はエネルギッシュで熱く、幅広い分野をカバーする。大学合格の戦略戦術論、勉強法、進路選定のための大学情報、企業や組織への経営戦略、商業系高校生向けの大学入試のノウハウ、社会科学系小論文の書き方など講演のテーマは多岐に亘っている。

梅津 齊UMETSU HITOSHI
壺溪塾小論文講師

北海道出身。劇団四季で浅利慶太に師事し、演出家を務めた経歴を持つ異色の講師。演劇のかたわら、大手出版社で、小論文の添削指導に従事していた。壺溪塾には1993年から小論文の講師として勤務。その間、熊本大学大学院を卒業し、修士論文に大幅に加筆した『断章 三島由紀夫』を出版、話題を集めた。含蓄のある鋭い文体には定評があり、旺文社から、小論文の解答例の依頼が来るほど。添削指導も丁寧で、返ってくる塾生の答案は真っ赤になることがしばしばだ。講演のテーマは「文学部・教育学部系小論文の書き方」や「公務員の小論文の書き方」等小論文に関してのプロの話が聴けると好評だ。

長井 秀和NAGAI HIDEKAZU
壺溪塾専任講師

壺溪塾高校ジャンプコースを中心とした熱心な進路指導、世界史指導に定評がある。 坪井本校でもセンター世界史や東大・京大・一橋大の論述個別指導を行い、閉門まで塾生に付き合う。その情熱を活かした進路講演は感動を呼ぶと高校生だけでなく保護者にも好評だ。